Ensemble Nomad

2020年9月15日(火)東京オペラシティ リサイタルホール 19.00

高橋悠治:冷却の音(藤井貞和の回文詩による)(2020) 初演
Yuji Takahashi : Reikyaku no Oto [Cooling Sound](on Palindromic Poems by Sadakazu Fujii) -World Premiere    

渡辺裕紀子(編曲):ソングス (2020)  初演
Yukiko Watanabe (arrangement):Songs  -World Premiere
  
壺井一歩:宮本正清の詩による音楽スケッチ「歌え 社の小鳥」(2016)より
Ippo Tsuboi : From Music Sketch on poem by Masakiyo Miyamoto “Utae Mori no Kotori”
       
エベルト・バスケス:「旅の印象」(2016)より第3番、第8番 ~日本初演
Hebert Vazquez :  Impressions de viaje  Nos.3 and 8 -Japan Premiere
       
ジョン・ダウランド:「ラクリメ、または7つの涙」(1602)より 
John Dowland : From “Lachrimae or Seven Tears”
 
ジュリオ・カッチーニ:『新しい音楽』(1602)より「アマリッリ」 
Giulio Caccini : “Amarilli” from Le Nuove Musiche       

ヘンリー・パーセル:歌劇『ディドとエネアス』(ca.1689?)より「私が地中に横たえられた時」 
Henry Purcell : “When I am laid in earth” from Opera “Dido and Aeneas”

 ヘンデル:オラトリオ『セメレ』HWV.58(ca.1744)より
                       「ここから、アイリス、立ち去りましょう」
 
Georg F. Handel : “Hence! Iris hence away” from Oratorio Semele

 カプスペルガー:リュート曲集第1巻(ca.1611?) トッカータ 第6番 
Giovanni Girolamo Kapsperger : Toccata 6ta from Libro d’ intavolatura di lauto

 ブルガリアの音楽 -Bulgarian Music
1.Devoiko Mari Hubava   2.Kyustendilska Racheniysa   3.Bavna Melodia

【前売】
一般:3,000円 大学生:2,000円 高校生以下:1,000円
【当日】
一般:3,500円 大学生:2,500円 高校生以下:1,500円


サントリーホール サマーフェスティバル(Suntory Hall Summer Festival) 2020

ザ・プロデューサー・シリーズ 一柳 慧がひらく オーケストラ スペース XXI-1
アヴァンギャルド宣言~
管弦楽セレクションⅠ 2020年08月26日(水) 19:00 サントリーホール

高橋悠治:鳥も使いか (三絃弾き歌いと合奏)1993
山根明季子:室内オーケストラのための新作(世界初演 サントリーホール委嘱)
山本和智:ヴァーチャリティの平原 第2部(世界初演 サントリーホール委嘱)
高橋悠治:オルフィカ Orphika 1969

指揮:杉山洋一/三絃:本條秀慈郎 /mar:西岡まり子、篠田浩美
ガムラン:ガムラングループ・ランバンサリ /管弦楽:読売日本交響楽団


朗読と音楽

串田孫一「山のパンセ・星への手紙」

信毎メディアガーデン 8月8日(土)17.00
8月9日(日)11.00/15.0 前売 ¥3,500 当日¥4,000
朗読:串田和美、小林聡美  ピアノ:高橋悠治

【問】信濃毎日新聞松本本社まちなか情報局 tel. 0263-32–1150(平日9.00~17.00)


高橋悠治ピアノ・リサイタル

7月13日(月) 19.00 浜離宮朝日ホール
とりどりの幻想

 白日夢 夜の想い 記憶と再会
           ――高橋悠治 

Beethoven Piano Sonata No.26 “Les Adieux” Op. 81a
ベートーヴェン 「告別」ソナタ 
 ――最後のポール千原の曲にあわせて 原曲をはじめて弾いてみる

Frederic Mompou i Dencausse (1893-1987) Canco de bressol 〈1951〉
フラダリク・モンポウ 子守唄

Manuel Blanmcafort i Rossello (1897-1987) Elegia Dedicat a Frederic Mompou  (1983)
マヌエル・ブランカフォルト モンポウに捧げる哀歌
 ――ブランカフォルトは バルセロナの作曲家 椎名亮輔が訳している往復書簡集で知った名前

Yuji Takahashi (1938-) for Kosugi (2019)
高橋悠治 コスギに
 ――2018年に亡くなった小杉武久を追悼する音楽(再演)―波と点在をとりいれて

Linda Catlin Smith Nocturnes and Chorales 
リンダ・カトリン・スミス ノクターンとコラール
 ――カトリン・スミスは近藤譲の紹介で知った 静けさと微妙な変化

Paul Chihara (1938-) 4 Beethoven Reveries.  
ポール千原   4つのベートーヴェン幻想 (2018)
1. Rag 109 (2016) ラグ109
2. Pastorale Reveries (2018) 田園の夢
3. The Storm (2018) あらし
4. Sayonara (2018) サヨナラ 
 ――ポール千原とは1966年タングルウッド音楽祭で会い ロサンジェラスの海岸を散歩した
   「サヨナラ」ではベートーヴェンに美空ひばりの「リンゴ追分」が溶け込んでいる
   それはミニドカ日系人収容所からシアトルに帰った頃聞いた唄