イレブン・クラシックス Vol.2 波多野睦美&高橋悠治

2021年1月13日(水) 11:00開演 彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

波多野睦美(メゾソプラノ)、高橋悠治(ピアノ)

林田直樹(ナビゲート)

シューベルト:

歌曲集《冬の旅》 D 911 より〈春の夢〉 (詩:W. ミュラー)

シルヴィアって? D 891 ※英語で歌唱(詩:W. シェイクスピア)

アヴェ・マリア D 839 (詩:W. スコット)

高橋悠治:

バッハと歩哨(詩:I. ガーニー)

民衆に訴える(詩:F. シューベルト)  ほか

 

〈トーク・タイムあり〉

本公演では7か月以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。

(未就学児の入場はご遠慮いただいております)

 

【お申し込み先】

株式会社コマーム

048-240-5000(土・日・祝日を除く9:00~18:00)

※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。

※公演1週間前までにお申し込みください。

※定員になり次第、締切


栃尾克樹・高橋悠治 CD冬の旅発売記念コンサート

2021年1月7日(木) 19:00開演 ムジカーザ

ピアノ/ 高橋悠治
バリトンサックス/栃尾克樹

[料金] 5,000円(事前予約のみ・未就学児入場不可)
[チケット予約・お問合せ先]
オフィス・ウィンド TEL.090-2223-9216(月~金:10~17時)
Mail.odradekwind@gmail.com
なお、電話での対応は 12月14〜25日の期間のみ


『サティで始まりサティで終わる』 山田うん(ダンス)、高橋悠治(ピアノ) 

12月5日(土)開場15:00 / 開演 15:30
料金::ライブ&1ドリンク 4,000円 (当日券 4,500円) 学割2,000円

【アクセス】
■電車をご利用の方  下記の電車をご利用下さい
JR高崎線 下り (湘南新宿ライン特別快速 高崎行き) 深谷駅下車

特別快速(小田原発) 横浜12:49–渋谷13:14–新宿13:20–池袋13:25
–赤羽13:35–大宮13:51–上尾13:58–熊谷14:21–深谷14:35着

送迎車あります(予約制) 深谷駅改札口でお待ち下さい

■車 関越自動車道「花園インター」から約15分  →map

【ご予約】
ご予約は下記TEL、FAX、メールで受け付けています。
入場はご予約申し込み順(整理番号順)になります。
送迎ご希望の際はその旨お伝えください。
メール、FAXには返信をいたします。
3日たっても返信のない場合はお手数ですが再度ご連絡ください。
10/3分にご予約済みの方には順次ご連絡いたします。再度ご予約ください。
TEL  090-5584-3104(サイトウ)
MAIL spacewho@hall-eggfarm.com

【問】
TEL 090-5584-3104 048-585-6685(サイトウ)
spacewho@hall-eggfarm.com

【感染防止対策のお知らせ】
1、会場内ではマスクの着用をお願いいたします。
2、非接触体温計による検温にご協力ください。
3、ご来場時に発熱等の症状のある方はご入場をお断りすることがありますのでご理解いただきますようお願いいたします。
4、会場におきましてはスタッフのマスク着用の徹底、消毒液の設置、換気の徹底などに努めてまいります。
5、会場は通常より客数を減らしてセッティングをしております。
6、1ドリンクに関しましてはペットボトルのミネラルウォーターのみのご提供になります。それ以外のご飲食の提供はありません。


ストラヴィンスキー春の祭典 作曲者自身による1台4手連弾版

後半はフローベルガー、ジェズアルドなどバロックとショパンのマズルカをバックに、阿佐ヶ谷文士の作品を朗読。

青柳いづみこ(朗読、ピアノ)
高橋悠治(ピアノ)

Debussy: Prélude à l’Après-midi d’un faune
Stravinsky:Le Sacre du printemps (1 piano 4 mains)
***
Froberger Tombeau
Jacquet de la Guerre: Prélude en ré min.
Gesualdo: Canzon francese del Principe
Louis Couperin: Pavanne
Chopin: Masurkas Op. 59-1, 62-2

朗読:井伏鱒二「石地蔵」、太宰治「トカトントン」
青柳瑞穂「不幸」、蔵原伸二郎「狐」ほか

【問】https://ondine-i.net/concerts/5304#ticket-form


新しい耳 テッセラ第27回音楽祭

高橋悠治の耳 vol.13 〜修羅の子供たち
11/3(火)祝日16.00 サロン・テッセラ

高橋悠治( pno.)工藤あかね(Sop.)

Gyula Csapó: Orpheid (2020)

高橋悠治:祖母のうた(詩:木村迪夫)(2015)

Johann Jakob Froberger Tombeau fait à Paris sur la mort de Monsieur Blancrocher (1652)

戸島美喜夫(1937−2020):

ヴェトナムの子守唄(1980)

高橋悠治:黒い河(俳句:山本幡男)(2020)初演

Ferruccio. Busoni: Berceuse(1905)

高橋悠治:修羅の子供たち(詩:藤井貞和)(2013)

 

 (山本幡男(1908-1954) はアムール河のほとりの日本人捕虜収容所で句会を主催
柴田南雄『無限曠野』に詩『裸木』による合唱曲がある)


糸の余韻と花の残り香〜~高橋悠治作品による

10月22日19時

青柳いづみこ(ピアニスト・文筆家)
ゲスト 本條秀慈郎(三絃奏者)

プログラム

水に走る影(2014)《ピアノ・ソロ》
三絃散手(1992)《三絃ソロ》
夕顔の家 〜菊岡検校による(2013)《三絃+ピアノ》
メッシーナのメボウキ(2020)《ピアノ・ソロ》
「花筐I」 高田和子を偲んで(2008)《三絃+朗読》

・本公演の録画動画を後日オンラインで配信する予定です。
・公演会場が通常の平河町とは異なります。ご注意ください。Tokyo Concerts Lab.
・新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、公演の中止あるいは内容に変更が生じる場合がございます。

日時 2020年10月22日(木)19:00開演
会場 Tokyo Concerts Lab. アクセスマップ
東京メトロ東西線「早稲田駅」下車徒歩6分
東京メトロ副都心線「西早稲田駅」下車徒歩10分
入場料 3000円 全席自由席
申し込み 申し込み方法はこちら
https://sites.google.com/view/hirakawachomusics/home/ticket
お問い合わせ TEL.03-3261-5108(事務局:安井建築設計事務所内)
受付時間9:00~17:30(定休:土日祝祭日)
hms@yasui-archi.co.jp

Ensemble Nomad

2020年9月15日(火)東京オペラシティ リサイタルホール 19.00

高橋悠治:冷却の音(藤井貞和の回文詩による)(2020) 初演
Yuji Takahashi : Reikyaku no Oto [Cooling Sound](on Palindromic Poems by Sadakazu Fujii) -World Premiere    

渡辺裕紀子(編曲):ソングス (2020)  初演
Yukiko Watanabe (arrangement):Songs  -World Premiere
  
壺井一歩:宮本正清の詩による音楽スケッチ「歌え 社の小鳥」(2016)より
Ippo Tsuboi : From Music Sketch on poem by Masakiyo Miyamoto “Utae Mori no Kotori”
       
エベルト・バスケス:「旅の印象」(2016)より第3番、第8番 ~日本初演
Hebert Vazquez :  Impressions de viaje  Nos.3 and 8 -Japan Premiere
       
ジョン・ダウランド:「ラクリメ、または7つの涙」(1602)より 
John Dowland : From “Lachrimae or Seven Tears”
 
ジュリオ・カッチーニ:『新しい音楽』(1602)より「アマリッリ」 
Giulio Caccini : “Amarilli” from Le Nuove Musiche       

ヘンリー・パーセル:歌劇『ディドとエネアス』(ca.1689?)より「私が地中に横たえられた時」 
Henry Purcell : “When I am laid in earth” from Opera “Dido and Aeneas”

 ヘンデル:オラトリオ『セメレ』HWV.58(ca.1744)より
                       「ここから、アイリス、立ち去りましょう」
 
Georg F. Handel : “Hence! Iris hence away” from Oratorio Semele

 カプスペルガー:リュート曲集第1巻(ca.1611?) トッカータ 第6番 
Giovanni Girolamo Kapsperger : Toccata 6ta from Libro d’ intavolatura di lauto

 ブルガリアの音楽 -Bulgarian Music
1.Devoiko Mari Hubava   2.Kyustendilska Racheniysa   3.Bavna Melodia

【前売】
一般:3,000円 大学生:2,000円 高校生以下:1,000円
【当日】
一般:3,500円 大学生:2,500円 高校生以下:1,500円


SAVE THE CLASSICS FOR THE NEW ERA Vol.2

SAVE THE CLASSICS FOR THE NEW ERA vol.2 9月5日(土)

17.00 栗林すみれ&林正樹 2台ピアノ
18.00 三枝伸太郎&小田朋美 Duo
19.00 佐藤允彦&高橋悠治 2台ピアノ
20時20分 梅津和時ソロ
21時 須川崇志Banksia Trio feat.角銅真美(vo,etc)

視聴チケットはこちら
ima-ticket.com/event/136


サントリーホール サマーフェスティバル(Suntory Hall Summer Festival) 2020

ザ・プロデューサー・シリーズ 一柳 慧がひらく オーケストラ スペース XXI-1
アヴァンギャルド宣言~
管弦楽セレクションⅠ 2020年08月26日(水) 19:00 サントリーホール

高橋悠治:鳥も使いか (三絃弾き歌いと合奏)1993
山根明季子:室内オーケストラのための新作(世界初演 サントリーホール委嘱)
山本和智:ヴァーチャリティの平原 第2部(世界初演 サントリーホール委嘱)
高橋悠治:オルフィカ Orphika 1969

指揮:杉山洋一/三絃:本條秀慈郎 /mar:西岡まり子、篠田浩美
ガムラン:ガムラングループ・ランバンサリ /管弦楽:読売日本交響楽団


朗読と音楽

串田孫一「山のパンセ・星への手紙」

信毎メディアガーデン 8月8日(土)17.00
8月9日(日)11.00/15.0 前売 ¥3,500 当日¥4,000
朗読:串田和美、小林聡美  ピアノ:高橋悠治

【問】信濃毎日新聞松本本社まちなか情報局 tel. 0263-32–1150(平日9.00~17.00)