水牛

人はたがやす 水牛はたがやす 稲は音もなく育つ

1982年

Vol.4 No.1

1982年1月10日発行

【目次】
○イロハ歌絵咄 柳生弦一郎
○土地ころがし
○水牛楽団のページ
○日本のマンガつまんない リウスさんの話
○坑夫と魚 鎌田慧
○自分の家は自分でつくる 石山修武

HTMLバージョン

PDFファイル

Vol.4 No.2

1982年2月10日発行

【目次】
●特集 バンコクの大正琴
・水牛ミュージック・コンサート5 バンコクの大正琴
・タイの歌楽譜 人と水牛
        雨をまつイネ
        白いハト
        黄色い鳥
        村からのノート
        コメのうた
        ジット・プミサク
○カラワン回想録(1) ウィラサク・スントンシー
○林光の歌楽譜 新しい歌
○水牛楽団のページ
○土呂久びとの笑いについて 対馬幸枝
○ポーランドの歌楽譜 ポーランド式料理のつくりかた
           娘にあたえる歌
           ヤネク・ヴィシニェフシキは死んだ

HTMLバージョン

PDFファイル

Vol.4 No.3

1982年3月10日発行

【目次】
○カラワン回想録(2) ウィラサク・スントンシー ○水牛楽団のページ ○水牛音楽教室のおしらせ ○サンパウロのスラムのなかで モトムラ・ノブコさんにきく ○ベラウの海と人 松原明美 ○他人の物語と自分の物語

HTMLバージョン

PDFファイル

Vol.4 No.4

1982年4月10日発行

【目次】
○ふらふらしゃべり 鈴木志郎康・高橋悠治
○ポーランド――その悲痛なる真実 ガブリエル・ガルシア・マルケス
○水牛音楽教室のおしらせ
○パレスチナの風 高頭祥八
○カラワン回想録(最終回) ウィラサク・スントンシー

HTMLバージョン

PDFファイル

Vol.4 No.5

1982年5月10日発行

【目次】
○上野駅・サーカス・筑豊で会った人たち 本橋成一
○水牛楽団のページ
●特集 光州5月
・光州5月 コンサートプログラム
・光州5月 コンサート解説
・楽譜 小さな蓮池
    その日
    農民歌
    奪われし野に春は来るか
    自由なる労働家
    女性人権の歌

HTMLバージョン

PDFファイル

Vol.4 No.6

1982年6月10日発行

【目次】
○モンコン・ウトックのはなし 荘司和子
○水牛楽団のページ
○ゆなおーれが 国吉保
○木の実はもとの木に戻る――与那国島のことわざ
○われわれは話したい!われわれは聴きたい!
 ――ボローニャ1977年3月のスローガン

HTMLバージョン

PDFファイル

Vol.4 No.7

1982年7月10日発行

【目次】
○中上健次は軽蔑に値する 久保覚
○詩 カラワン スラチャイ・ジャンティマトン
○女二人、カラワンとともに
 福山伊都子 八巻美恵 スマナー・ナナコン 荘司和子
○カラワン回想録(追加) ウィラサク・スントンシー
○コピー文化時代の著作権 高橋悠治
○「花嫁」たちのアメリカと日本 星野敏子

HTMLバージョン

PDFファイル

Vol.4 No.8

1982年8月10日発行

【目次】
●特集 水牛社会科コンサート
・水牛社会科コンサートについて
・金哲秀さんと"題知らずの歌" 田川律
・関東大震災の日々
・荒川土手から訴える
○故郷を奪われた人々の歌
○水牛楽団だより
○強制連行された少年の話 韓到得さんの話
○日帝に対する抵抗の歌 任東権

HTMLバージョン

PDFファイル

Vol.4 No.9

1982年9月10日発行

【目次】
○呼びかけ 民衆演劇ワークショップ
○民衆演劇ワークショップの報告
○新聞劇「タクシー慕情」など
○ワークショップ参加者の感想
○マダン劇・アリラン峠
○水牛楽団のページ
○マダン劇をやってみた 久保覚 津野海太郎

HTMLバージョン

PDFファイル

Vol.4 No.10

1982年10月10日発行

【目次】
○座談会 水牛楽団に意見あり
○汗と涙のわが笛づくり 西沢幸彦
○竹の楽器のつくりかた日記 渡辺広孝
○水牛楽団のページ
○自由ラジオ通信(1)
○ビラ

HTMLバージョン

PDFファイル

Vol.4 No.11

1982年11月10日発行

【目次】
○写真ルポ 七間町の七ぶら市 小島稔
○水牛楽団コンサート・プログラム
○水牛楽団コンサートのさまざまな歌
○メキシコ農民運動の新しい波 山崎カヲル
○水牛楽団だより
○優生保護法の改悪と闘おう 村上やす子 森冬実

HTMLバージョン

PDFファイル

Vol.4 No.12

1982年12月10日発行

【目次】
○夕張の四季 写真・文 戸田れい子

HTMLバージョン

PDFファイル

PAGE TOP